Skip to content

占いの館|東京池袋編

占いの館ウィルに行った人の体験談

天河りんご先生の口コミ

前々から電話占いの方でお世話になっていた天河りんご先生に、池袋の占いの館ウィルまで会いに行ってきました。電話鑑定でしか話したことのない私のことを覚えててくれていて、とても感激しました。相談内容はりんご先生も分かっていてくれたので、スムーズに鑑定が進みました。普段電話を通して会話をしている人とこうして目の前で話すのは少し緊張しましたが、実際のイメージ通り綺麗で話しやすかったので安心しました。
私は都内に住んでいないのでなかなか対面鑑定の方には行けませんが、東京に行く機会があればまた予約して占ってもらおうと思っています。

八木新先生の口コミ

東京,占い占いの館ウィル東京池袋店で大人気の占い師・八木新先生を予約し、占ってもらいました。なかなか自分が行ける曜日と予約できる日のタイミングが合わず、占ってほしい!と思った約3ヵ月後にやっとみてもらうことができたんです。持って行ったのは、元彼の写真と今彼の写真でした。元彼については「あまり良い恋愛じゃなかったですね」というようなことを言われて少しショックを受けましたが、まあそうなんだろうなという納得の結果です。今彼については「かなりあなたを大事に思っていて、元彼と比べられるんじゃないかっていうコンプレックスがある。だから彼の前では絶対、元彼の話題を自分から出さないこと」と言われました。昨日彼氏と話した時に、元彼の話題を出しちゃったなーって反省しました(汗) 今彼との結婚についてもみていただき、問題ないとのことでしたので安心しました。とにかく、八木先生に占ってもらいたいという方は早めの予約をおすすめします。

和泉アリス先生の口コミ

とある占い専門サイトで和泉アリス先生の評判を見て、一度占ってもらいたいと思っていました。予約はせず、当日飛び込みで行ったのですが、20分くらいの待ち時間で鑑定してもらうことができました。タロットカードを使って占ってもらえるとのことで、主に恋愛の相談をしました。私は生まれてから一度も彼氏ができたことがなく、現在19歳ですが、この先一生恋人などできないのではと悩んでおりました。
霊感タロットで占ってもらった結果、近いうちに出会いはあるだろうとのこと。でも結構年上ですよと言われ、年上の人と付き合いたかったので、すごく嬉しかったです。アドバイスとしては、「流れに身を任せなさい」と言われました。今からすごく楽しみです。

東京に来たついでに

半年に一度の旅行

私は九州に住んでいてなかなか東京に出ることができません。なので半年に1回友人と都内に1週間ほど旅行に行っています。しかし1週間何か目的があるわけではなく、某テーマパークに行ったり渋谷原宿に行ったり、ごく普通の遊びをしているだけです。しかしたまたま地元の友達が都内に行った時に池袋にある占いの館に行ったという話を聞いていて、とても興味があったのでせっかくだからと利用することに決めました。そこは人気がある占いの館だったらしく、行ってみたら行列が出来てました。並ぶのか・・・と思ったけど友人が前もって予約してくれていたため、すぐ呼ばれました。友人とは別々になり鑑定室まで行ったら想像していたイメージより優しそうでいい意味でどこにでもいそうな綺麗な女性の先生が待っていました。早速緊張しながらも自分の名前と生年月日などを教えたら私の過去の経歴や人生の出来事を当ててきました。その時点で信憑性がすごく上がり、そのまま恋愛の悩みを相談していったら、先生は親身になって話を真剣に聞いてくれて私が良い方向に進めるためのアドバイスをくれました。結果はどうなるか分かりませんが、行く前よりとても気が楽になり悩みが解消できそうな気がするので占いの館を利用して本当によかったです。東京に来る時はまた利用しようと思います!

独身の友達と出会いについて占ってもらいました

最近私の周りから独身の友達がどんどん減ってしまい、今独身なのは私と高校時代からの友達の二人だけになってしまいました。私も友達の彼女もここ数年間は全く出会いがなく、友達に関しては結婚すること自体を諦めているような感じがあります。私はかろうて結婚願望は残っているのですが、とにかく出会いがないのでどうしようもありません。そこでたまたま池袋に行く予定があったので高校時代からの独身の友達を誘って占いの館で私たちの今後の出会いについて占ってもらうことにしました。友達は今さら出会いはやって来ないとあまり乗り気ではありませんでしたが、私がしつこく説得するとしぶしぶ占ってもらうことを了承してくれました。早速占い師さんに占ってもらうと、私にはまだしばらくの間出会いは訪れないようでしたが、占いを渋っていた友達にはもうすぐ良い出会いの時期がやって来るみたいでした。行きしは散々渋っていて友達でしたが、帰りは足取りも軽く、もうすぐやって来る出会いの時期を楽しみにしているようでした。